LOVE☆パンチ and はぐみ。そしてlei





魅惑の京都新撰組ツアー 2011春 :: 2011/05/03(Tue)

5月3日。念願の京都へ行って来ました。

パンチ姉の希望により、新撰組をめぐる旅。

姉の友人も一緒に5人で出発!

JRで京都駅に着いてまずは東本願寺へ。


いきなり新撰組から逸れますが、
現在、「SLAM DUNK」の作者、井上雄彦さんが描いた
親鸞聖人の屏風絵が公開されているので見学に。

書けと言われて誰でもが書けるわけではなく、
それだけでもスゴイな、と思いました。
たかが漫画。されど漫画です。


5月中旬まで公開されているので興味のある方はぜひ。

今日の撮影担当はパンチ妹。

やたら鳩の写真ばかりでした(滝汗
11050301.jpg

次は西本願寺へ。
こちらは壬生で結成された新撰組が屯所を移した場所。
11050302.jpg

隊士が使用していたのは太鼓楼というお寺の隅にある場所のようです。
パンチ姉は、ここの写真を携帯の待ち受けに・・・
全国に太鼓楼を待ち受けにする女子高校生は
何人くらいいるのでしょうか?


順序が逆になりましたが、次は島原へ。

遊郭のあった場所で現在は大門と輪違屋という置屋さんと
揚屋の角屋が残るばかりだそうです。
11050303.jpg

輪違屋と言えば・・・
輪違屋糸里 上 (文春文庫)輪違屋糸里 上 (文春文庫)
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る



壬生へ向かう途中にある新撰組記念館。
外見があやしくて(失礼)写真を撮っていませんが、
今日見た中で一番おもしろい場所だったそう。

長居してました。

そして新撰組結成の地、壬生へ。

最初の屯所があった八木邸と前川邸。
すっかりただの観光名所の感ありですが、お約束の・・・
11050304.jpg


壬生寺や山南敬介ほか、隊士のお墓がある光縁寺をお参り。

そこからバスで祇園へ行き、新撰組から分離した伊東甲子太郎率いる
御陵衛士の屯所があった高台寺の月真院の前を通って霊山博物館へ。


この山の上に坂本龍馬や中岡慎太郎など幕末の志士らのお墓があるのですが、
さすがに足がパンパンで力尽きました。

まだまだ周りたかった場所もあるのですが、
それはまた次回のお楽しみ。


スポンサーサイト


  1. 家族
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<フィラリア検査。 | top | ネームタグ その2>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://love55punch.blog44.fc2.com/tb.php/453-6a9ab1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)